普段、自分で脱毛している人も、デリケートゾーンだけは、池袋などにある専門の医療脱毛クリニックに行くことをおすすめします。

デリケートゾーンとは、わきの下やアンダーヘアを含むビキニラインのことです。腕や脚などの箇所に比べると、毛が太く、毛根も深いところにあるので、自己流の処置をしてしまうと赤く腫れたり、埋没毛になる危険性が高い箇所です。

デリケートゾーンはその名のとおり、とても肌がやわらかくて繊細な部分です。乱暴に扱うと炎症を起こしやすく、また治すのに時間がかかってしまう部位でもあります。池袋などにある医療脱毛クリニックでは、細心の注意を払って、デリケートゾーンの処置をしてくれるので、迷っている人は、相談だけでもよいので足を運んでみましょう。

またエステサロンよりも医療脱毛をすすめるのは、こういった敏感な部分の脱毛をするとき、施術者が専門家であること、そして何らかのトラブルが起こったときに、すぐに医療行為をできる医者が常駐しているからです。特に肌が弱かったり敏感な人は、医療機関であるクリニックを選択しましょう。デリケートゾーンの施術中の痛みが不安な人は、事前に医者に申し出ると、笑気麻酔や麻酔クリームを使ってもらえます。その分料金は上乗せされてしまいますが、大分痛みを軽減できます。池袋には医療脱毛をしてくれるクリニックが多くありますので、ホームページなどを見て、料金の確認をしてから足を運ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です