夏が近づいてくると、髪をアップに結い上げたり、ショートヘアにイメージチェンジする人も多いでしょう。
首まわりがあいている服を着る機会も多く、できることなら、うなじの毛もきれいに処理しておきたいところです。池袋など都心の医療脱毛クリニックには、仕事帰りにうなじの処理をしに通う会社員の方も多いと聞きます。医療脱毛クリニックでおこなう、うなじの施術方法とその効果について知っておきたいと思います。

医療レーザー脱毛は、レーザーの熱エネルギーで、毛根細胞を破壊して脱毛します。施術前に毛を剃っておくとよいのですが、自分では見えにくい場所ですので、そのまま通院してもかまわないでしょう。池袋にある医療脱毛クリニックでは、照射前にカウンセリングを必ずおこないますので、毛の状態を見せて、医師に悩みを相談すると良いでしょう。

施術前の下準備として、保冷剤や氷嚢を使ったアイシングをおこないます。うなじの毛の太さは人によって異なりますが、顔に近い部位だけに痛みを感じる人がいますので、アイシングは特に丁寧におこなってくれます。肌を冷たく保つことで、痛みを軽減するだけではなく、肌を保護する役割もあります。照射のときには動かないように気を付けましょう。また痛みがひどいようなら、事前に笑気麻酔や麻酔クリームを塗ってもらうこともできます。

鏡で見てみて、思いの外毛が太いようならば、麻酔を使った方がよいかもしれません。池袋などのクリニックへの通院は3~5回くらいになりますので、その間は保湿に気を配るようにしてください。施術後はつるつるしたきれいな肌に生まれ変わりますので期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です