池袋など都心部の医療脱毛で、VIO脱毛が流行っています。
VIO脱毛とは何のことかわからない人もいると思うので、説明しておきます。VIOのVはビキニラインのことです。左右の、腰骨の上を結んだ線より下から、脚の付け根の線より上までが範囲になります。また恥骨上に生えているむだ毛は、下着からはみ出てしまうのでその部分の施術も含めます。

女性器周辺のまっすぐなラインをIラインと呼びます。この部分にむだ毛があると生理のときの蒸れの原因になります。最後にOラインとは、肛門周辺のだいたい半径が2cmくらいの範囲を指します。つまりVIO脱毛とは女性の局部である、もっともデリケートな場所を医療脱毛することです。

一時期池袋の脱毛サロンなどで流行った、ブラジリアンワックスでのVIO脱毛は、目的の部位にテープを貼り、一気に剥がすというものでした。しかしこの方法はかなりの痛みを伴い、また毛の一部だけ薄くしたいときや、一部の毛を残したい場合などの調整ができません。池袋の医療脱毛クリニックなどでおこなう施術では、医療レーザーを照射することで局部の脱毛をおこないます。毛周期に合わせて施術するので、5回くらいの処置で徐々に毛を減らしていきます。その間に好みの濃さに調整することができるので安心です。

また施術に使うレーザーも照射口の広いピースと細かなものとを使い分けることで、理想のデザインに近づけることが容易です。また医師が常駐している医療脱毛では、痛みを軽減するために局部麻酔をおこなうことができます。痛みに弱い人などはあらかじめ相談しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です